最先端の治療が次世代へ命を繋ぐ~圧迫骨折やガン撃退テクニック~

先生

免疫細胞治療のメリット

免疫力を高めるための治療

先生

免疫療法は、以前は主に病気の原因となる存在を、毒性を弱めた状態で体内に注入するという方法でおこなわれていました。たとえばインフルエンザの予防接種などがそうですが、あえてウイルスを注入することで、それに対する耐性を高めるわけです。この方法はやがてがん治療にも使われるようになり、さらに特定のがん細胞に対して効果を発揮するようなものへと進化していきました。 さらに現在では、免疫細胞治療といって、患者の免疫細胞を培養により増やすという治療がおこなわれるようになっています。免疫細胞治療では、病気の原因となる存在を注入するのではなく、患者自身の免疫細胞を強化した上で注入します。そのためより安全性が高いということで、注目を集めています。

転移の防止や腫瘍の縮小

免疫細胞治療は、副作用のリスクが少ないため、手術や抗がん剤による治療に耐えるほどの体力がない人でも受けることができる点が特徴です。 また、腫瘍が大きくなりすぎていると、生命維持に必要な部分まで手術で大きく切除しなければならないこともあります。しかし免疫細胞治療によって腫瘍が小さくなれば、臓器などにそれほどダメージを与えることなく、腫瘍を摘出することが可能になります。手術がそもそも不可能という場合でも、免疫細胞治療を続けることで、可能になるケースも多くあるのです。 さらに、注入された免疫細胞は血液に乗って全身に送り込まれることになります。がん細胞も血液に乗って全身に転移する可能性があるのですが、免疫細胞が隅々に行き渡っていれば、転移は防がれます。 このように免疫細胞治療には、がん治療を進めやすくする効果も、転移を防ぐ効果もあるのです。