最先端の治療が次世代へ命を繋ぐ~圧迫骨折やガン撃退テクニック~

先生

次世代の治療法

免疫療法の価格と傾向

先生

近年がん治療に新しい治療法が追加されました。それは自身の免疫を高める免疫療法です。これは専門の病院で体内に元から備わっている免疫細胞を取り出し、培養、増やした免疫細胞を点滴により体内にもどすという治療法です。しかし免疫療法は国内では保険適応の範囲外のため、すべて自費による治療にになります。副作用もほとんどないということなので、がんへの治療として考える人も多いようです。 しかし気になるのがその価格です。この免疫治療は自由診療の範囲内で行われるため、価格は病院によって様々です。金額の傾向としてはリンパ球を使った治療では20〜30万円前後、別の治療では50万円前後かかる場合があります。これらは1回の投与にかかる金額なので、何クールも行うと必然的にかなり高額な治療となります。

その特徴と利点

高額な免疫療法ですが、それでも治療を行っている人はいます。それはほとんど副作用がないのと、病院にずっと入院する必要がないこと、さらに薬を使わず治療ができるため、安心して治療が受けれることが大きな要因でしょう。 免疫療法は最初に少量採血を行います。そして数週間培養をし、増えた免疫細胞を点滴するという内容を1クールとしています。そのため治療を受ける場合は最初の採血と点滴を行う場合のみ病院にいけばよいということになります。また、増殖した免疫細胞を体内に注射するため、自身の免疫も強化されます。このためその他の病気にかかることも少なくなり、入院する必要がありません。 治療は大体5〜6クールほど行うようです。期間にして3〜4ヶ月程度になりますが、働きながら治療を行う人には時間の都合がつけられるようです。